ニュース
» 2012年06月28日 07時48分 UPDATE

「Google Chrome 20」の安定版がリリース、多数の脆弱性を解決

危険度が「High」レベルのものを含む計23件の脆弱性に対処した。

[ITmedia]

 米GoogleはWebブラウザの新たな安定版となる「Chrome 20」を6月26日付で公開して、多数の脆弱性を解決した。Windows、Mac、Linux、Chrome Frame向けにリリースしている。

 Googleのブログによると、最新版の「Chrome 20.0.1132.43」では計23件の脆弱性に対処した。同社の危険度の4段階評価で最も高い「Critical」に該当するものはないが、上から2番目に高い「High」が15件ある。

 脆弱性情報の提供者に支払われる賞金の最高は、64ビットのLinux版にのみ存在する「libxml整数オーバーフロー」の脆弱性の3000ドルとなっている。

関連キーワード

脆弱性 | Google Chrome | ブラウザ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -