ニュース
» 2012年07月11日 11時44分 UPDATE

Google+、iOSアプリアップデートでiPadにようやく対応

Google+のiOSアプリがバージョン3.0になり、iPadに対応した他、ハングアウトを開始できるようになった。AirPlayを使えばテレビ画面でハングアウトできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月10日(現地時間)、iOS版のGoogle+アプリをバージョン3.0にアップデートし、iPadに対応させたと発表した。また、Google I/Oで発表された「イベント」機能にも対応した。

 iPadでは、Androidのタブレットと同様に、横向き(ランドスケープモード)にするとストリームを横方向にスクロールすることで閲覧できる。

 g+ 1 iPadのランドスケープモードでのストリーム。投稿の表示サイズはランダムに変わるようだ

 投稿をピンチあるいはダブルタップすることで個別の投稿を表示できる。個別表示では、画像や動画が画面中央に、テキストは画面の下に表示され、テキストが長い場合はスクロールして読むようになっている。

 g+ 2 投稿表示画面はややバランスが悪い感じだ

 ストリーム上で投稿をタップし、2本指でドラッグすることでその投稿を共有できる。ドラッグすると共有ボックスが表示され、そこにドロップすると共有先を設定し、コメントを付けるためのダイアログが表示される。

 g+ 3 2本指でドラッグすると共有ボックスが表示される(画面には表示できなかった)

 なお、iPhoneアプリではイベントがメニューに追加されたが、iPadアプリでは(筆者の環境では)表示されない。

 また、アプリからハングアウトの開始・参加ができるようになった。AirPlayを使えば、ハングアウトをテレビの大画面で利用できる。

 g+ 4 iPadのハングアウト画面

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -