ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2012年07月12日 07時32分 UPDATE

Google、脆弱性を修正した「Chrome 20」のアップデートを公開

最新版の「Chrome 20.0.1132.57」では計3件の脆弱性に対処したほか、Flash Playerのアップデートを盛り込んだ。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米GoogleはWebブラウザ安定版「Chrome 20」のアップデートをWindows、Mac、Linux向けにリリースし、複数の脆弱性に対処した。

 同社の7月11日付のブログによると、最新版の「Chrome 20.0.1132.57」では計3件の脆弱性に対処した。危険度はいずれも同社の4段階評価で上から2番目に高い「High」レベル。2件の解放後使用問題のほか、「PDFにおけるJavaScriptを使った不正オブジェクトアクセス」の問題を修正した。

 これとは別にFlash Playerのアップデートを盛り込んだほか、安定性に関する複数の不具合を修正している。

関連キーワード

脆弱性 | Google | Google Chrome


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.