ニュース
» 2012年07月12日 16時07分 UPDATE

Parallels Desktop for MacがアップデートでRetinaディスプレイに対応

デスクトップ仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」がアップデートされ、Retinaディスプレイに対応した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Parallelsは7月10日(現地時間)、米AppleのMac上で米MicrosoftのWindowsやLinuxなどのOSとMac OS Xとを並行して実行できるデスクトップ仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」および「Parallels Mobile」をアップデートし、Retinaディスプレイに対応させたと発表した。

 Parallels Desktop 7のビルドは7.0.15104になり、Retinaディスプレイ対応の他、間もなくリリースされるとみられる「OS X Mountain Lion」および10月末発売予定の「Windows 8」に対応し、仮想マシンでUSB 3.0端末を利用できる。また、MacとMac上のParallels Desktopで稼働するWindowsプログラムにiOS端末からリモートアクセスするためのモバイルアプリParallels Mobileとの接続性が向上した。

 parallels Retinaディスプレイに対応し、Windows 8の稼働も可能になった

 Parallels Desktop 7 for Macは通常価格は8500円で、7月22日まで15%オフのキャンペーンを実施している。App Storeで販売しているParallels Mobileの通常価格は1790円で、現在(期間は不明)は期間限定価格450円で購入できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -