ニュース
» 2012年07月25日 07時27分 UPDATE

App StoreにWindowsマルウェア混入、ユーザー報告を受けAppleが削除

ユーザーの投稿によれば、iTunesを通じてApp Storeからダウンロードしたアプリが、ウイルス対策ソフトでマルウェアとして検出されたという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 iOS向けアプリなどを配信しているAppleの公式サービス「App Store」にマルウェアが混入していたとの報告が7月24日、同社のサポートフォーラムに寄せられた。Appleはその日のうちに問題のアプリを削除したと伝えられている。

 問題になったのは「Quotes Cards For Instagram」というアプリ。サポートフォーラムに投稿を寄せたユーザーによると、iTunesを通じてこのアプリをダウンロードしたところ、ウイルス対策ソフトの「ClamXav」で「Worm.VB-900」というマルウェアとして検出されたという。

 セキュリティ業界の関係者とみられる別のユーザーによれば、Worm.VB-900はWindowsに感染するマルウェアだという。Macに対しては無害で、Windowsに対しても深刻な被害をもたらすものではないとしている。

 それでも「App Storeのアプリにマルウェアが混入していたのは極めて深刻な問題だ」とこのユーザーは指摘。恐らく手違いによるものだろうとしながらも、「Appleが他のシステムに感染するマルウェアについてもiOSアプリのスクリーニングを行っているのかどうか、試す狙いがあった可能性も排除できない」としている。

 その後の投稿によれば、Appleは問題のアプリをiOSのApp Storeから削除する措置を取った。

 App Storeは不正アプリのチェック態勢で定評があり、これまでマルウェアが混入することは稀(まれ)だった。ただ、セキュリティ企業のKaspersky Labは7月に入り、「Find and Call」というマルウェアアプリがAppleのApp StoreとGoogle Playの両方から見つかったと伝えている。

関連キーワード

マルウェア | App Store | Apple


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -