ニュース
» 2012年07月30日 14時36分 UPDATE

「Yahoo!ツールバー」に脆弱性、検索キーワードが第三者に知られる恐れも

Yahoo!ツールバーに、ツールバーが不正に書き換えられてしまう可能性がある。

[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)とJPCERT コーディネーションは7月30日、ヤフーの「Yahoo!ツールバー」の一部バージョンにツールバーが不正に書き換えられてしまう脆弱性が見つかったと発表した。不正サイトを経由してユーザーの検索キーワードが第三者に知られてしまう恐れがある。

 脆弱性が存在するのは、Yahoo!ツールバー Ver.1.0.0.5以前のChromeおよびSafari向けのバージョン。ユーザーが不正サイトにアクセスした際にツールバーが不正に書き換えられてしまう可能性があり、その状態でユーザーが検索をしようとすると、ヤフー以外の不正サーバに接続されるなどして、検索キーワードが第三者に漏えいしてしまうという。

 IPAとJPCERT コーディネーションは、ヤフーが提供する最新版の利用でこの問題の影響を回避できるとし、ユーザーにアップデートを呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -