ニュース
» 2012年09月03日 08時31分 UPDATE

Microsoft、サービス利用規約を更新 9月27日に発効

MicrosoftがSkyDriveやHotmailなど一連のクラウドサービスの利用規約「マイクロソフト サービス アグリーメント」を改定した。サービス改善目的でメールやチャットの情報を個人が特定できない形で利用するとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月29日(現地時間)、同社のオンライン製品全般の利用条件を定めた規約「マイクロソフト サービス アグリーメント」を8月27日付で更新したと発表した。分かりやすいようにQ&A形式にし、平明な言葉づかいを心掛けたとしている。発効は9月27日。

 同社は米Googleや米Facebookのように旧バージョンの規約との違いを説明するページを用意していないので詳細は分からないが、The Vergeをはじめとする複数のメディアによると、この改定によって米Googleと同様に、サービスを横断するユーザーデータのMicrosoftによる利用を認めることになるという。

 旧バージョンの利用規約が対象として明記していたサービスは、Windows Live、Bing、MSN、Microsoft Office Live、Office.com。新バージョンが対象とするサービスは、Microsoft Hotmail、Microsoft SkyDrive、Microsoftアカウント、Windows Live Messenger、Microsoftフォトギャラリー、Microsoftムービーメーカー、MicrosoftメールDesktop、Microsoft Writer、Bing、MSN、Office.comとなっている。

 新規約の3.3に「お客様がお客様のコンテンツを本サービスにアップロードした場合、お客様はお客様の保護に必要な場合、および Microsoft 製品やサービスの提供、保護、向上に必要な場合にのみ、かかるコンテンツが使用、修正、編集、保存、複製、頒布、および表示される場合があることに同意するものとします。たとえば、マイクロソフトは、スパムやマルウェアを検出してそれらから保護するため、または新機能によりサービスを改善してサービスを使いやすくするために、電子メール、チャット、または電話から情報を自動的に分離することがあります。お客様のコンテンツを処理する際、Microsoft はお客様のプライバシーを保護するための手順を実行します」とある。

 規約改定を説明する公式ブログでは、「例えばスペルチェッカーの品質向上やユーザーがどの機能をよく使っているかなど、Microsoft製品を改善するためにユーザーコンテンツを利用するが、個人を特定する情報を排除して利用するよう最新の注意を払う」とし「OutlookのメールとSkyDriveのドキュメントは広告目的では使わない」と説明している。また、「ユーザーがサービス上にアップロードしたコンテンツについてMicrosoftが所有権を主張することはない」と強調した。

 この他、Microsoftアカウント(旧Windows Live ID)に定期的(少なくとも270日ごと)にアクセスしないと、アカウントを削除する可能性があるという記述が追加された(新規約の2.1)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -