ニュース
» 2012年09月03日 14時11分 UPDATE

HP、「Open webOS 1.0 Beta」をリリース

HPが、「Open webOS 1.0 Beta」をApache License Version 2.0で公開した。同社は昨年12月、Palm買収で獲得したこのOSのオープンソース化を発表している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は8月31日(現地時間)、モバイルOS「Open webOS 1.0 Beta」をApache License Version 2.0の下で公開したと発表した。デスクトップと組み込み向け(OpenEmbedded)の2つのビルドのソースコードがgithubで公開されている。

 Open webOS 1.0 Betaは45万行以上のコードで記述されており、利用できるコンポーネントは54。

 webos 1

 webOSは、HPが2010年10月に米Palmを買収した際に獲得したスマートフォンやタブレット向けのモバイルOS。米AppleのiOSと米GoogleのAndroidで寡占状態の市場に食い込むことができず、HPは2011年8月に同OS搭載端末事業の打ち切りを発表。12月には同OSのオープンソース化と、アプリケーションフレームワーク「Enyo」の寄贈を発表した。

 OpenEmbeddedビルド環境がどのようなハードウェアをサポートするのか具体的な記述はないが、db8やnode.jsを実行するARMエミュレータが含まれる。

 webos 2 Ubuntuのデスクトップ上で稼働しているOpen webOS 1.0 Beta

 同社のロードマップでは、9月中にwebOS 1.0をリリースする見込みになっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -