ニュース
» 2012年10月18日 08時38分 UPDATE

「iPhone 5の供給遅れは複雑な設計が原因」と匿名の鴻海幹部──Wall Street Journal報道

AppleのiPhone 5は世界的に予約待ち状態になっているが、供給の遅れの原因は設計が複雑過ぎて、完ぺきな製品を製造するには時間がかかるためだと、鴻海の幹部が匿名でWall Street Journalに語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米AppleのiPhone 5は、Foxconn(台湾の鴻海精密工業グループのブランド名)が製造を請け負った製品の中で最も難しい端末だ──。米Wall Street Journalは10月17日(現地時間)、鴻海(ホンハイ)の匿名の幹部がiPhone 5の製造について語ったと報じた。

 iPhone 5は、9月21日の発売から3日で販売台数が500万台を突破するという人気だが、供給不足が続いており、日本でも例えばソフトバンクモバイルのオンラインショップでは現在、入手できるのは予約後2〜3週間となっている。

 wsj

 Wall Street Journalの取材に匿名で応じたこの幹部は、iPhone 5の設計は非常に複雑で、完ぺきに製造できるように従業員に技術を習得させるには時間がかかるとし、それでも生産性は日に日に向上していると語った。

 鴻海は最近、iPhone 5の傷に関する従来より厳しい基準を設定したが、同幹部は、iPhone 5の新しいコーティング方法は傷がつきやすいものだと指摘し、「美観と実用性を両立させるのは常に難しい」と語った。ユーザーからこの傷についてメールで質問されたAppleの幹部は、これをアルミ製品の特性だと返答しているが、その後AppleがFoxconnに対して品質基準の厳格化を依頼したという。

 iPhone 5を製造するFoxconnの中国河南省鄭州にある工場では、この新しい品質基準をめぐって大規模なストライキが起きたと報じられている

 この幹部は、鄭州の工場はiPhone 5製造の中心であり、Apple製品の生産力を強化するために雇用を増やしていると語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -