ニュース
» 2012年11月19日 10時16分 UPDATE

Windows 8向け無料Twitterクライアント「Tweetro」終了 API利用制限で

Twitterの10万トークン制限に達した無料版TweetroがWindows Storeから削除された。Windows 8で利用できる公式Twitterアプリはまだリリースされていない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Windows 8向けの公式Twitterクライアントがまだリリースされていないこともあって人気を博していたサードパーティー製Twitterクライアント「Tweetro」が11月13日(現地時間)、Windows Storeから削除された。開発元の米Lazyworm Applicationsは、米Twitterが9月に開始したAPIの利用制限の10万トークンに達したためとしている。

 TweetroはWindows 8がまだプレビューリリースだった5月に、Liveデザインに対応したアプリとしてWindows Storeで公開された。10月26日のWindows 8発売後に急激にユーザーを増やし、11月10日ごろに新規ユーザーがサインインできない状態になっていた。LazywormがTwitterに確認したところ、10万トークンに達したのが理由だと認めたという。

 tweetro

 TwitterはDeveloper Rules of the Roadで、Twitterの公式クライアントの機能を再現しているクライアントアプリが10万以上の独立したユーザートークンを必要とする場合は、Twitterの許可が必要だとしている。

 LazywormがTwitterに許可を求めたところ、「残念ながら御社のアプリは、われわれの現在および将来の製品で提供している機能以上の領域を持っているようには見えません。従って、例外扱いはできません」という返答があったという(米メディアブログのWindows Observerより)。

 Lazywormは現行ユーザーに対し、ログアウトしないよう勧めている(一度ログアウトすると利用できなくなる恐れがあるので)。同社は開発費を回収するために、近いうちに新たに有料版のTweetroをリリースするという。これも10万トークンに達したら提供を終了することになる。無料版ユーザーがTweetroを使い続けるためには、有料版にアップデートする必要がある。

 MicrosoftはWindows 8発表時にTwitterの公式クライアントが近いうちにWindows Storeで公開されるとしていたが、まだ公開されていない。サードパーティー製Twitterクライアントとしては、無料の「MetroTwit」などが公開されている。

 tweetro 2 MetroTwit

変更履歴:当初、「現在Windows StoreにはTweetroと同等の機能を持つTwitterクライアントは存在しない」としてしまいましたが、「MetroTwit」がありましたので訂正し、紹介しました。[2012/11/19 15:00]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -