ニュース
» 2013年02月12日 07時21分 UPDATE

Oracle、米国時間19日にJavaのアップデートを改めて公開へ

定例アップデートを前倒しして2月1日にリリースした結果、19日に公開予定だった少数のパッチを提供することができなかったという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Oracleは、Javaのアップデートを米国時間の2月19日に改めて公開し、1日の臨時アップデートで積み残した問題を修正すると予告した。

 Javaはもともと2月19日に定例アップデートが公開される予定だったが、未解決の脆弱性を突く攻撃が確認されたことから、Oracleは予定を前倒しして、2月1日に更新版の「Java 7 Update 13」を公開していた。

 しかし公開を前倒しした結果、19日の定例アップデートに盛り込む予定だった少数のパッチを提供することができなかったという。そこで19日に改めてアップデートを公開し、1日に修正できなかった問題を修正することにした。

 19日に公開されるのは累積的なアップデートとなり、1日のアップデートをまだ適用していない場合でも、19日の追加アップデートを適用すれば、まとめて問題を解決できるとOracleは説明している。

関連キーワード

Java | Oracle(オラクル) | パッチ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -