ニュース
» 2013年03月04日 06時00分 UPDATE

Apple、古いバージョンのFlash Playerをブロック

古いバージョンのFlash Playerを使っている場合、Safariに「遮断されたプラグイン」という画面を表示してコンテンツの実行を阻止する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは3月1日、Webブラウザ「Safari」に実装しているプラグイン遮断の仕組みを更新し、Adobe Flash Playerの古いバージョンを無効にする措置を講じた。

 この措置は最近発覚した脆弱性からユーザーを守ることが目的とされ、Mac OS X 10.6とOS X Lion(10.7)、OS X Mountain Lion(10.8)が対象となる。

 古いバージョンのFlash Playerを使っている場合、Safariに「遮断されたプラグイン」という画面を表示してコンテンツの実行を阻止する。その上で「Adobe Flash Playerが古くなっています」と警告し、Flashのダウンロードボタンを表示して最新バージョンへの更新を促す。

aple001.jpg 警告メッセージ(Appleより)

 Adobe SystemsのFlash Playerは未解決の脆弱性を突く攻撃が相次いで発生し、Adobeは2月だけでも3度にわたって更新版をリリースして脆弱性に対処している。直近では2月26日のセキュリティアップデートで、攻撃に利用されていた脆弱性を修正した。

関連キーワード

Flash Player | Apple | Safari


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -