ニュース
» 2013年03月13日 13時46分 UPDATE

Google、Wi-Fiデータ無断収集問題で米38州に総額700万ドル支払い

Googleが、2008年〜2010年にストリートビューカーでGoogle Maps用画像を撮影する際、誤って個人情報データを収集した問題で、総額700万ドルの和解金支払いで米38州およびワシントンD.C.と合意した。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 car Google Street Viewカー

 米Googleは、Google Mapsのストリートビューで使う画像を撮影した際、個人情報を含む無線LANの通信内容を収集していた問題で、総額700万ドルの和解金を支払うことで米国の38州およびワシントンD.C.と合意した。米コネティカット州検事総長が3月12日(現地時間)に発表した。

 この問題は2010年に発覚し、Googleは同年5月、誤ってデータを収集してしまったとして謝罪した

 Googleは和解金の支払いの他、従業員に対するプライバシー教育、米国民に対する個人情報保護啓蒙キャンペーンの支援、2008年〜2010年に収集した個人データの完全削除を実施する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -