ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2013年03月25日 18時32分 UPDATE

「災害用音声お届けサービス」、キャリアをまたいだ相互利用が可能に

災害時にパケット通信を使って音声メッセージを届ける「災害用音声お届けサービス」の相互利用を、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDI、沖縄セルラーが開始する。

[ITmedia]
画像

 NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDI、沖縄セルラー電話は3月25日、災害時にパケット通信を使って音声メッセージを届ける「災害用音声お届けサービス」の相互利用を4月1日から始めると発表した。

 震度6弱以上の地震など大規模災害発生時に提供するサービス。音声通信が混み合ってつながりにくい場合に、パケット通信を使って伝言を届け、安否確認できるようにする。

 これまで、同じキャリアのユーザー間でしか利用できなかったが、電気通信事業者協会が仲介してキャリア間で協議を進め、4社による相互利用が実現した。

 4月1日には体験サービスを提供。体験サービスは、毎月1日、15日と防災週間(8月30日〜9月5日)などにも利用できるようにする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.