ニュース
» 2013年06月13日 12時33分 UPDATE

Facebook、スウェーデンのデータセンターを稼働開始

極寒という気象条件と水力発電を利用できるスウェーデンのルレオで、Facebook初の海外データセンターが稼働を開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月12日(現地時間)、スウェーデンのルレオのデータセンターの稼働を開始したと発表した。同社初の米国外のデータセンターになる。

 center 1

 北極圏の近くという気象条件と、ボスニア湾に注ぐ大河川ルール川の水量に恵まれ、同データセンターは世界で最も効率的で持続可能性の高いデータセンターの1つだとFacebookは説明する。

 同社は現在、レゴン州プラインヴィル、北カリフォルニア州のフォレストシティでデータセンターを運営しており、年内には米アイオワ州アルトゥーナに建設中のデータセンターも稼働させる計画だ。

 ルレオのデータセンターで使うエネルギーは100%再生可能でそのほとんどは水力発電によるものという。稼働で発生した熱はオフィスの暖房に流用する。また、これまでの同社のデータセンター同様に、Facebookが主導する省電力・低コストのデータセンター構築イニシアチブ「Open Compute Project」に基づいて設計されている。Green Gridが提唱する電力効率指標「PUE」の値は1.07。

 center 2 外気を取り込む空冷システム
 center 3 データセンターの外側

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -