ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2013年07月31日 07時35分 UPDATE

「Google Chrome 28」の更新版公開、深刻な脆弱性に対処

「Chrome 28.0.1500.95」では計11件のセキュリティ問題に対処。iOS向けChromeの更新版なども公開された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは7月9日、Webブラウザ安定版「Chrome 28」のセキュリティアップデートをLinux、Mac、Windows向けに公開し、多数の深刻な脆弱性に対処した。

 同社ののブログによると、更新版となる「Chrome 28.0.1500.95」では計11件のセキュリティ問題に対処した。外部の研究者から情報が寄せられた問題のうち、危険度の高い「V8のタイプコンフュージョン」と「MutationObserverの解放後使用」の2件についてはそれぞれ1000ドルの賞金、危険度が中程度の「フレーム処理における生成元バイパス」については500ドルの賞金が情報提供者に贈呈された。

 このほかにもGoogle社内で見つかった「DOMの解放後使用」「入力処理における解放後使用」など、危険度の高い脆弱性が修正されている。

 また、iOS向けChromeの更新版となるバージョン28.0.1500.16と、Chrome OS安定版の更新版となるバージョン4100.86.0も同日リリースされ、バグ修正などが盛り込まれている。

関連キーワード

Google Chrome | 脆弱性 | ブラウザ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.