ニュース
» 2013年08月15日 06時16分 UPDATE

Windows 8.1は日本時間の10月17日夜に公開 Windows Server 2012 R2も

Microsoftの無償の次期Windowsアップデート「Windows 8.1」は、太平洋時間の10月17日午前4時にWindows Store経由でスタートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月14日(現地時間)、次期Windowsアップデート「Windows 8.1」を“ニュージーランドでの10月18日午前0時(太平洋時間の17日午前4時)”に開始すると発表した。太平洋時間を夏時間(DST)で表示しているとすると、日本での公開は10月17日午後8時になる。

 Windows 8.1は、Windows 8およびWindows RTを対象に、無償アップデートとして「Windows Store」経由で行われる。デフォルトで自動更新が有効になっているWindows Update経由ではないため、ユーザーはアップデートのタイミングを自分で決めることができる。

 パッケージ版のWindows 8.1、Windows 8.1搭載のハードウェアも同日発売される。Windows 8.1のOEMへのRTM(製造工程向けリリース)は、8月後半リリースと発表されている。

 Microsoftはまた、「Windows Server 2012 R2」「Windows System Center 2012 R2」および「Windows Intune」のアップデートも同日に実施すると発表した。企業ユーザーは、TechNet Evaluation Centerからダウンロードできる。新規購入が可能になるのは、11月1日の見込み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -