ニュース
» 2013年09月11日 03時40分 UPDATE

Apple、「iPhone 5s」発表 指紋センサー「Touch ID」搭載 9月20日発売

Appleがスマートフォンの新機種「iPhone 5s」を発表。指紋センサー「Touch ID」搭載の新ホームボタンや新色「ゴールド」が登場。

[ITmedia]
photo

 米Appleは9月10日(現地時間)、スマートフォンの新機種「iPhone 5s」を発表した。基本スペックはiPhone 5とほぼ同じながら、指紋センサー「Touch ID」搭載の新ホームボタンの採用や、新しい「ゴールド」カラーなどが特徴。日本では9月20日に発売される。(関連記事:「iPhone 5s」は「5」から何が変わった? Touch ID、2倍高速なA7、カメラ、本体カラー

 日本ではNTTドコモがiPhone販売に参入する。背面にカラフルなポリカーボネイトを採用した廉価モデル「iPhone 5c」も同時に発表した。

 iPhone 5sは、iPhone 5と同じ4インチ(1136×640ピクセル、326ppi)のRetinaディスプレイを採用。解像度は800:1のコントラスト比、最大輝度500カンデラ/平方メートルなど、スペックは5と変わらない。

 OSはフラットデザインを採用する「iOS 7」。16Gバイトモデル、32Gバイトモデル、64Gバイトモデルの3機種をラインアップする。

photo 「スペースグレイ」「ゴールド」「シルバー」
photo 指紋センサー「Touch ID」を搭載する新ホームボタン

 新たに64ビット対応プロセッサ「A7」を搭載。iOS 7は64ビットに最適化されており、従来の32ビットアプリも動作。CPUは2倍、GPUは2倍の性能となり、OpenGL ES 3.0への対応で高度なグラフィックスのゲームなども楽しめるとしている。またオートフォーカスは最大2倍高速になるなど、処理性能を生かして全体が高速化しているという。加速度センサーやジャイロセンサーなどの動きを検知するための副プロセッサ「M7モーションプロセッサ」も搭載する。

 特徴となる新ホームボタンは、ユーザーが指紋をあらかじめ登録しておくことでパスコードなどの入力を省く「Touch ID」を搭載する。iPhoneのロック解除に加え、iTunes StoreやApp Storeなどでコンテンツを購入する際もパスワードの入力が不要でワンタッチで行えるようになるなど、iOS 7に組み込まれている。指紋は360度の認識が可能で、縦、横、斜めなどどんな角度でも指紋を読み取るという。複数の指紋を登録して利用できる。その他のボタン配置などは5と同じ。

 カメラの画素数は800万画素(裏面照射型)でiPhone 5と同じだが、センサーサイズが15%大きくなり、画素ピッチが1.5μメートルになることで画質は向上しているという。レンズはF2.2に明るくなった。LEDフラッシュは新たに「True Tone」と呼ばれ、発光時に不自然なホワイトバランスになることが減っているという。1秒間に10枚の連続撮影「バーストモード」、720p/120fpsのスローモーション動画撮影、自動手ブレ補正、ピンチインアウトによるデジタルズーム、Instagramのような写真フィルタや正方形写真が撮影できるモードなども備える。前面のFaceTimeカメラ(120万画素)なども5と同様。

photo カメラアプリは一新

 サイズは123.8(高さ)×58.6(幅)×7.6(厚さ)ミリ、重さ112グラム。iPhone 5と全く同じになっている。4G LTE利用時は最大10時間(5は8時間)、連続待ち受け時間は最大250時間(5は225時間)と5からバッテリー駆動時間は改善している。SIMカードはnanoSIM、コネクタはLightning。

 CDMAモデルでは、KDDIの800MHz帯LTE(18バンド)に対応する。

 米国価格(2年契約時)は16Gバイトモデルが199ドル、32Gバイトモデルが299ドル、64Gバイトモデルが399ドル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -