ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2013年10月29日 07時22分 UPDATE

セキュリティ強化の「WordPress 3.7」リリース

自動更新機能やパスワードの強度チェック機能などを導入してセキュリティ対策の強化を図っている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 オープンソースのブログ作成ソフトWordPressの最新版となる「WordPress 3.7」が10月24日付でリリースされた。自動更新機能やパスワードの強度チェック機能などを導入してセキュリティ対策の強化を図っている。

 バージョン3.7は米国のジャズピアニスト、故カウント・ベイシーにちなんで「Basie」と命名されている。WordPressのブログによると、同バージョンから自動バックグラウンド更新の仕組みが導入され、ほとんどのWebサイトでセキュリティ問題などを修正した更新版が自動的に配信されるようになった。

 Webサイトのパスワード強化を支援するための対策も盛り込まれた。例えば日付や名前、「12345」といった安易なパスワードは、パスワードメーターで「一般的なミス」として認識される。

 英語以外の言語版については、適切な言語ファイルを自動的にインストールして最新の状態に保つためのサポートが追加された。

関連キーワード

WordPress | セキュリティ対策


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.