ニュース
» 2013年11月01日 07時22分 UPDATE

Google Chromeに「設定リセット」ボタン、設定変更のマルウェアに対抗

プレ開発者版の「Canary」ではマルウェアのインストールを自動的に阻止する機能も導入した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは、Webブラウザの設定を変更してしまうマルウェアによる被害が増えていることに対応して、Chrome安定版の最新バージョンに「設定リセット」ボタンを追加した。プレ開発者版の「Canary」ではマルウェアのインストールを自動的に阻止する機能も導入している。

 Googleのブログによると、不正なソフトウェアを使ってユーザーが知らないうちにWebブラウザの設定を乗っ取る攻撃については、Chromeのヘルプフォーラムでも相談が増えているという。

 こうした不正ソフトは、無料スクリーンセーバーや動画用プラグイン、さらにはセキュリティアップデートなどと組み合わせる手口でユーザーにインストールさせ、Webブラウザのホームページを変更したり、閲覧するWebサイトに広告を挿入したりするという。設定が元に戻せなくなり、アンインストールが難しいケースも多い。

 こうした問題に対応してChromeの最新バージョンに追加された「ブラウザの設定をリセットする」ボタンは、クリックすると設定を初期状態に戻すことが可能。このボタンはChromeの設定画面から「詳細設定」をクリックすると表示される。

gcm01.jpg

 さらにCanary版では、Googleがマルウェアと判断したソフトウェアのダウンロードを自動的に遮断する機能を導入した。マルウェアを遮断した場合は画面下に告知が表示される。

 GoogleはWeb閲覧のセキュリティ対策として、不正なサイトへのアクセスを防止する「Safe Browsing」機能なども実装済み。「不正ソフトのインストールを食い止めるための追加的な手段にも取り組んでいる」と説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -