ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2013年11月21日 20時41分 UPDATE

ドコモ、Bluetoothアドホックで通信する新技術 災害やイベント混雑時の活用見込む

NTTドコモは、携帯電話回線を介さずにBluetoothのアドホック接続で近くの端末と情報を伝達できる技術を開発した。

[ITmedia]

 NTTドコモは11月21日、Bluetoothのアドホック接続で近くのAndroid端末と直接情報伝達できる技術を開発したと発表した。携帯電話回線を介さずにコミュニケーションができ、イベントや災害時に活用可能な新サービスとしての実用性を検証していく。

photo 近距離通信の仕組み(イメージ)

 NTTコムウェアが開発した近距離通信技術を利用。携帯電話回線を介さない「アドホックモード」で、Bluetooth経由で直接情報の受け渡しを行う。近くの端末同士が接続すると1つのグループとみなし、接続範囲を外向きに広げていくことで徐々にグループ(通信可能範囲)が大きくなっていく仕組み。

 混雑したイベントでのチャットのやりとりや、特定の場所に集まった人のあいだでの情報交換、携帯電話回線が機能しない災害時の一斉情報伝達などの活用を検討する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.