ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2013年11月29日 19時40分 UPDATE

電気自動車からオフィスビルやマンションに給電──日産「Vehicle to Building」 オフピークで電気代削減

日産自動車は、「日産リーフ」の蓄電機能を利用し、オフピーク電力でオフィスビルやマンションに給電しコストダウンを行うシステム「Vehicle to Building」を開発した。

[ITmedia]

 日産自動車は11月29日、駐車中の「日産リーフ」の蓄電機能を利用してオフィスビルやマンションに車から電力を給電するシステム「Vehicle to Building」を開発し、実証実験を開始したと発表した。

photo

 すでに提供している家庭用の電力供給システム「LEAF to Home」を法人向けに応用したもの。最大6台の日産リーフの同時に接続し、業務用規格の3相200ボルトでビルの配電盤に電力を供給できる。

 実証実験は7月から神奈川・厚木の先進技術開発センターで開始。従業員の通勤に使われているリーフ6台を利用し、電力需要の少なく電気料金の安い時間帯は車体に充電、需要が多く料金も高い時間帯(午後1時〜午後4時)はビルへ給電する。帰宅時間に合わせて車に再度充電し、通勤時の利用を妨げることなく電力消費のカットと電気料金の削減を実現した。

 夏期の電力ピークには、最大25.6キロワットの削減に成功。同施設でのピーク時の電力を2.5%削減し、年間約50万円のコスト減になったという。

 今後、運用面での課題を洗い出し、社外での実証実験につなげる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.