ニュース
» 2013年12月20日 14時56分 UPDATE

ゲーム会社サイバーフロントが解散へ 「経営体制立て直し困難」

海外ゲームのローカライズなどを手がけているサイバーフロントが解散へ。親会社の加賀電子が「前経営者が構築した経営体制の立て直しは困難と判断した」という。

[ITmedia]
画像 サイバーフロント公式サイトより

 加賀電子は12月19日、100%子会社でゲームメーカーのサイバーフロントを解散することを取締役会で決議したと発表した。

 加賀電子は2010年4月、サイバーフロントの株式の51%を取得。経営改革をスピードアップするため今年3月に完全子会社化し、経営陣を刷新するなど立て直しを進めてきたが、「前経営者が構築した経営体制の立て直しは困難と判断した」という。

 サイバーフロントは海外ゲーム作品のローカライズなどを手がけ、07年には破産したキッドのゲームソフト関連権利を取得していた。13年3月期の売上高は8億4300万円だったのに対し、最終赤字が4億4400万円に上っていた。3月末時点での従業員数は37人。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -