ニュース
» 2014年02月05日 19時46分 UPDATE

東大研究所の計算機に不正アクセス 国立天文台など研究データ閲覧の可能性

東京大学国際高等研究所は、一部計算機への不正アクセスを発見し、運用を停止したと発表した。国立天文台など最大4つの研究機関の観測・研究データが流出した可能性がある。

[ITmedia]

 東京大学国際高等研究所・カブリ数物連携宇宙研究機構はこのほど、観測データ解析用計算機への外部からの不正アクセスを発見し、1月27日に運用を停止したと発表した。

photo

 不正アクセスにより、研究データを閲覧するためのユーザー認証情報が取得された可能性があり、国立天文台を含む4研究機関へのアクセスを試みた形跡が見られるという。計算機には個人情報は含まれず、研究データの喪失もなかったとしている。

 復旧までは他の計算機を利用でき、計算速度は遅くなるが研究の進行には支障はないという。被害状況と影響範囲は現在調査中で、セキュリティ強化を含めた再発防止策を検討する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -