ニュース
» 2014年02月06日 07時15分 UPDATE

英情報機関、ハッカー集団「Anonymous」にDDoS攻撃――NBC報道

スノーデン氏がNSAから持ち出した文書によれば、英政府通信本部(GCHQ)はAnonymousに対してDDoS攻撃を仕掛け、活動家同士の通信を妨害していたとされる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米NBCテレビは2月5日、米当局による監視活動を暴露したエドワード・スノーデン氏から入手した新情報をもとに、英国の情報機関がハッカー集団のAnonymousとLulzSecに対してサービス妨害(DDoS)などの攻撃を仕掛けていたことが分かったと報じた。

 ただ、この標的型攻撃によって、違法行為を行っていない政治活動家のWeb通信まで妨害されたほか、Anonymousとは無関係なWebサイトがダウンするなどの影響が出た可能性もあるという。

 この情報の根拠となっているのは、スノーデン氏が米国家安全保障局(NSA)から持ち出したとされる2012年の文書。NBCによれば、英国のNSAに相当する政府通信本部(GCHQ)がAnonymousに対して分散型サービス妨害(DDoS)攻撃を仕掛ける「Rolling Thunder」作戦を展開し、活動家同士の通信を妨害。Anonymousのインターネットチャットルームのユーザーの80%を締め出したとされる。

 さらに、IRCと呼ばれるチャットルームに潜入してWebサイトの情報を流出させていた人物を突き止め、関係者の摘発にこぎつけたという。

 しかし、AnonymousのチャットルームをホスティングしているサーバにDDoS攻撃を仕掛けたことで、同じサーバでホスティングされていたAnonymousとは無関係なWebサイトや、同じISPが運営していた別のサーバがダウンするなどの影響が出たという。

 この攻撃を実行していたのはGCHQの「Joint Threat Research Intelligence Group(JTRIG)」という部門で、その存在が明るみに出たのは初めて。「インターネット潜伏活動」などを任務とし、電話やコンピュータ、メールなどの妨害、敵を装ってだます作戦などを展開していたとNBCは伝えている。

関連キーワード

DDoS攻撃 | 国家安全保障局 | PRISM | Anonymous


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -