ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2014年04月08日 17時19分 UPDATE

小保方氏、理研に不服申し立て 再調査求める 9日に会見

STAP細胞論文でねつ造・改ざんを認定された理研の小保方氏が不服を申し立て、受理された。

[ITmedia]

 「STAP細胞」論文問題で、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーは4月8日、論文に研究不正があったと認定した調査委員会の最終報告書について、理研に不服を申し立て、受理された。

 不服申し立ては代理人弁護士が行った。ねつ造・改ざんがあったとした調査結果について再調査を求める。小保方氏は「悪意のない間違い」だとし、不正に当たらないと主張している。

 小保方氏は9日午後1時から、大阪市内で記者会見する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.