ニュース
» 2014年06月04日 13時07分 UPDATE

Google、Webページやアプリでビデオ会議ができる「ハングアウトボタン」リリース

Googleの統合メッセージングサービス「ハングアウト」をWebサイトやアプリ内で開始できる「ハングアウトボタン」をリリースした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月3日(現地時間)、サードパーティー製アプリやWebサイトに設置する「ハングアウトボタン」を紹介した。このボタンを設置することで、アプリやWebサイト内でGoogleの統合メッセージングサービス「ハングアウト」を利用できる。

 Webオーナーやアプリ開発者は、APIを利用してアプリIDを取得し、数行のHTMLコードを埋め込むことでWebサイトやアプリにボタンを設置できる

 例えばSalesforceのようなCRMアプリにハングアウトボタンを設置すれば、1クリックで販売チームあるいは顧客とビデオ会議を開始できる。

 既にZendeskやZoho、Insightlyなどが自社製品にハングアウトボタンを設置している。

 hangout 1 InsightlyのCRMアプリに組み込まれたハングアウトボタン
 hangout 2 アプリ内でメンバーを招待してビデオ会議を開始できる

 Googleは2月には中小企業向けにChrome OSベースのテレビ会議システム「Chromebox for meetings」を999ドルで発売しており、このシステムでもハングアウトを採用している。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -