ニュース
» 2014年08月19日 17時04分 UPDATE

CCC、T会員規約を改正 個人情報「共同利用」から「第三者提供」に オプトアウトも可能

CCCが「T会員規約」を11月1日に改正。ポイントプログラム参加企業などへの個人情報の提供方法を、従来の「共同利用」から「第三者提供」に変更する。

[ITmedia]
画像

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、「T会員規約」を11月1日に改正する。ポイントプログラム参加企業などへの個人情報の提供方法を、従来の「共同利用」から「第三者提供」に変更することが柱。ユーザーは、個人情報の第三者への提供停止を申し出ることもできる。

 これまで、T会員の個人情報は、同社とグループ会社、ポイントプログラム参加企業との間で共通で利用する「共同利用」の形を採ってきたが、参加企業が増えると個人情報の共有先も自動的に増える形で、ユーザーからの不安や批判が高まっていた。

 そこで同社は、共同利用をやめ、「第三者提供」に変更。個人情報を提供する第三者の範囲は、同社のグループ企業と、ポイントプログラム参加企業、TSUTAYA加盟店などの提携先。第三者への提供を望まないユーザーは、11月1日からWebサイトで提供停止を申し出ることができる。

 会員向けサービス推進にT会員のT会員の氏名・住所・電話番号などが必要な場合は、個別に利用規約などを設置して取り扱いの範囲を明記し、最小限の範囲で提携先に提供するとしている。また、T会員の情報をいわゆる「名簿屋」に提供することはないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -