ニュース
» 2014年08月21日 10時04分 UPDATE

UberがAPIを公開 サードパーティー製アプリからの配車要請が可能に

例えばUberのAPIを採用する予定表アプリでは、予定を入れる際にUberへのリクエストも同時に入力でき、目的地に時間通りに到着するタイミングでUberの車が迎えに来る。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Uberは8月20日(現地時間)、サードパーティー製アプリに配車リクエストボタンを追加できる「Uber API」を公開した。

 United AirlineやHyatt Hotels & Resortsなどのアプリが同日アップデートし、Uberボタンが追加された。

 uber 1 United Airlineのアプリ(中央)のホーム画面にもUberボタンがついた

 立ち上げ段階のパートナーは以下の11社。

 uber 2

 例えばハイアットホテルやレストランレビュー/予約サービスのOpenTableのアプリでは、予約情報ページにUberボタンが付いた。ユーザーはアプリ内で予約したホテル/レストランまでのUberをリクエストできる。つまり、別途Uberアプリを立ち上げる必要も、行き先を指定する必要もないということだ。

 スマートカレンダーアプリのTempoでは、予定入力時にUberのリクエストを入れておけば、目的地に時間通りに到着できるタイミングで指定したランクのUberが迎えにくる。

 uber 3

 UberはアプリにUberボタンを追加する開発者向けにアフィリエイトプログラムを提供する。アプリユーザーはアプリからの最初のUberリクエストで30ドル分のUberクレジットをもらえる他、開発者はアプリ経由のUberリクエスト1件当たり5ドルのクレジットを獲得する。

 Uberは5月に米Googleと提携し、Android版Google Mapsアプリに「Get an Uber」ボタンが追加されたが、これはタップすると端末内のUberアプリが起動するというものだった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -