ニュース
» 2014年08月22日 15時54分 UPDATE

「頭から氷水」は「強制ではない」 日本ALS協会、4日で200万円の寄付に感謝も「これから涼しくなるので心配」

「頭から氷水」動画をシェアする「アイスバケツチャレンジ」ブームを背景に、日本ALS協会に4日間で250人から200万円の寄付があったという。ただ、「冷たい氷水をかぶることは強制ではない」と無理しないよう呼び掛けている。

[ITmedia]
画像 日本ALS協会の告知

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の支援団体・日本ALS協会は8月21日、頭から氷水を浴びる動画をSNSで公開し、ALS患者支援を呼び掛けるチャリティー運動「Ice Bucket Challenge」(アイスバケツチャレンジ)ブームが日本で広がった8月18〜21日の4日間で、250人から200万円の寄付が寄せられたと明らかにした。ただ、「氷水をかぶることや寄付などは強制ではない」と無理をしないよう呼び掛けている。

 Ice Bucket Challengeは、バケツの氷水を頭からかぶる動画をSNSで公開し、次の3人を指名するか、ALS協会に100ドル寄付する、またはその両方を行う――というルールで草の根的に広まった運動。米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO、Appleのティム・クックCEO、ソフトバンクの孫正義社長、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授など著名人がチャレンジし、ムーブメントが世界で盛り上がっている。

 一方で、「著名人のPRに使われている」「チェーンメールのようで、指名された人は断りにくくい」「氷水をかぶることは健康へのリスクがあり心配」などと批判する声もあがっていた。

 日本ALS協会は、アイスバケツチャレンジにより「ALSを知らなかった人が関心を持って頂くきっかけになり、ALSへの理解や支援の輪が広がっている」「沢山の方からの問い合わせや寄付の申し出に感謝している」とし、寄付はALSの原因究明や患者家族への支援に大切に使うとしている。

 その上で、「冷たい氷水をかぶることや、寄付をすることなど、すべて強制ではない」とし、「みなさまのお気持ちだけで十分ですので、くれぐれも無理はしないようにお願いします。特に氷水について、これから涼しくなりますので心配しております」と呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -