ニュース
» 2014年09月17日 06時49分 UPDATE

Microsoft月例パッチの一部にまた不具合、配信停止

Lync Server 2010向けのセキュリティ更新プログラムのうち1件について、インストールがうまくいかない問題が発覚したという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは9月9日に公開した月例セキュリティ情報のうち、Lync Serverの更新プログラム(MS14-055)に含まれていた1件に問題が見つかったとして配信を停止した。

 MS14-055では、Lync Serverに存在するサービス拒否(DoS)の脆弱性3件を修正していた。9月15日に改訂されたMS14-055の解説によると、この中に含まれるLync Server 2010向けのセキュリティ更新プログラム「2982385」について、インストールがうまくいかない問題が発覚したという。

 現在、同プログラムのインストールに関連した動作について調査中で、念のためにダウンロード用のリンクを削除したとしている。同プログラムについて解説した技術文書も削除された。

 Lync Server 2010を対象とするもう1件の更新プログラム(2982388)、およびLync Server 2013を対象とする別の4件の更新プログラムは引き続き提供されている。

 Microsoftの更新プログラムを巡っては、8月にも一部に不具合が見つかって一時配信を停止していた

関連キーワード

Microsoft | Microsoft Lync | 月例パッチ | 不具合


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -