ニュース
» 2014年09月25日 14時35分 UPDATE

携帯−PHS間の番号ポータビリティ、10月1日スタート SMSも利用可能に

同じ電話番号のまま携帯電話−PHS間で事業者を乗り換えられる番号ポータビリティ(MNP)が10月1日に始まる。携帯−PHS間でSMSの送受信も可能に。

[ITmedia]

 同じ電話番号のまま携帯電話−PHS間で事業者を乗り換えられる番号ポータビリティ(MNP)が10月1日に始まる。

 MNPは日本では2006年10月にスタートしたが、携帯電話事業者間のみで、PHS事業者は対象外だった。今後はPHSで取得した電話番号のまま携帯電話に移行したり、携帯電話の番号のままPHSに移行することができる。

 「070」番号の携帯電話への解禁に伴い、電話番号だけでは携帯かPHSか既に判断できないが、PHSに電話をかけると特別な呼び出し音が鳴るようになっている。

photo 携帯とのSMSに対応するPHS端末「iiro WX04S」

 ショートメッセージサービス(SMS)の携帯−PHS事業者間接続も同時に開始。携帯−PHSでSMSの送受信が可能になる。

 現在PHSサービスを展開しているワイモバイル(旧ウィルコム)とウィルコム沖縄では、携帯回線宛てには1通3円でSMSを送信できる。受信とPHS回線向け送信は無料。SMSに対応するのは「LIBERIO 2 WX11K」「WX12K」「iiro WX04S」「STOLA 301KC」「BISINESTA 301JR」。ソフトウェアの更新が必要。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -