ニュース
» 2014年09月29日 16時33分 UPDATE

バンダイから子ども向けタブレット「コドなび!」 学芸大監修オリジナルコンテンツが150種以上

バンダイが幼児向けAndroidタブレット「コドなび!」を発売する。アンパンマンのキャラクターの登場する写真や動画を豊富に使ったオリジナルコンテンツを150種以上搭載する。

[山崎春奈,ITmedia]

 バンダイは9月29日、幼児向けAndroidタブレット「コドなび!」を10月25日に発売すると発表した。東京学芸大学とNPO法人東京学芸大子ども未来研究所との共同研究に基づいて開発したオリジナル知育ゲームやアプリを150種以上搭載する。価格は3万240円(税込)。

photo パンをイメージしたベージュのラバーカバー

 未就学児向けに、「それゆけ! アンパンマン」のキャラクターが登場するコンテンツを搭載した7インチAndroidタブレット。最大の特徴はコンテンツ数で「すうじ」「ひらがな」などの学習コンテンツのほか、お絵かきや塗り絵、ものの名前を覚えるゲームなどを楽しめる。実際の生活や体験につながることを意識し、歯磨きやトイレなどの生活習慣を応援する動画、ダンスや歌など、写真や動画も豊富に盛り込む。

photo お寿司のお皿をドラッグするともとの魚が
photo 歌に合わせて楽しく歯磨き

photo 身近なものをカメラで撮影すると……
photo 塗り絵にその色を使える

 写真やスタンプで毎日の様子をつづり、遠方にいる家族とも共有できる「成長記録」や簡単なメッセージを選んで指定したアドレスに実際にメールを送れる「こどもメール」機能など、コミュニケーション機能も備える。両親向けの管理機能「まなびナビ」では、アプリの利用履歴やゲームクリア回数、「主体性」「計画力」など能力別の習熟度が分かる「こども力」グラフ、利用傾向に基づいた子どものタイプ診断などを見られる。

photo 定型文でスマホやPCにメールを送れる
photo 「子ども力」グラフ

 総合監修にあたった東京学芸大学の松田恵示教授は「幼児期のタブレット利用に対しては賛否両論あるが、これからさらに利用が浸透していく以上、よりよく使うための方法やツールを考えていくことが大切だと思う。一番のこだわりはリアルとバーチャル、遊びと学びをそれぞれつなげていくこと。子どもと親が一緒に楽しめる新しい学びのツールにできた」と手応えを語っている。

photo 飛田尚美取締役、ゲスト 坂下千里子さん、東京学芸大 松田恵示教授、プレイトイ事業部 村瀬和絵デピュティゼネラルマネージャー(左から)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -