ニュース
» 2014年10月15日 17時11分 UPDATE

ジェスチャーで文字入力 スマートグラス用“AR入力技術”、NTTデータが開発

ジェスチャーで文字入力できるスマートグラス用AR入力技術をNTTデータが開発した。

[ITmedia]

 NTTデータは10月15日、ジェスチャーで文字入力できるスマートグラス用AR入力技術を開発したと発表した。眼前に表示されたソフトウェアキーボードのキーを指でなぞることで文字入力する仕組み。物理的な入力の痕跡を残さず、のぞき見も防止できるとしている。2015年度早期のソリューション提供を目指す。

画像

 スマートグラスの眼前のディスプレイに表示されるソフトウエアキーボードのキーを、ユーザーが指でなぞって文字を入力する。スマートグラスに備えた前面のカメラがユーザーの指の動きをとらえ、どのキーを押したかを把握する仕組みだ。

 キーボードはユーザー本人だけに見え、入力の痕跡も残らないため、入力中の姿を他者に見られても、入力された文字を推定することは困難。キーボードの配列をランダムに変更すれば、推定はさらに難しくなるとしている。

 IDやパスワードなどの入力が必要な業務システムとスマートグラスを連携させるなどの用途を想定している。同技術は特許出願中。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -