ニュース
» 2014年11月05日 09時37分 UPDATE

「Oculusの製品版は数年後ではなく数カ月後」とイリーブCEO

ゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)のOculus VRのブレンダン・イリーブCEOが、消費者向け製品を数カ月後には出したいと語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のOculus VRのブレンダン・イリーブCEOは11月4日(現地時間)、英ダブリンで開催の「Web Summit 2014」に登壇し、製品版のOculus Riftは「数年後ではなく数カ月後に実現する」と語った。

 対談相手の米Wiredの編集者、ピーター・ルービン氏に「ここだけの話としてOculusの消費者版の予定を聞かせてください」と促されたイリーブ氏は言葉を選びながら「早く提供したいと思っている。実現に非常に近づいてはいる。4、5年後ではなく数カ月後だが、かなり長い“数カ月”だ」と語った。

 oculus Web Summit 2014で語るブレンダン・イリーブCEO

 イリーブ氏は、9月にリリースしたヘッドマウントディスプレイ(HMD)の新プロトタイプ「Crescent Bay」は「Crystal Cove」よりかなり出来が良く、製品版に近づいていると説明した。

 oculus 2 Crescent Bay

 だが、HMDに最適な入力システムの開発が難しいという。PCのためのキーボードとマウス、ゲームコンソールのためのコントローラーに代わる入力システムが必要だと説明した。同社は6月、米MicrosoftのKinectのデザインを担当した米Carbon Design Groupの買収を発表している。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -