ニュース
» 2014年11月28日 15時04分 UPDATE

羽生名人のチェス対局、元世界王者カスパロフ氏に2連敗 「力の差を見せつけられた」と笑顔

プロ棋士の羽生善治名人が元世界チャンピオンのカスパロフ氏と対局。2連敗に終わったものの「光栄な機会」と笑顔を見せた。

[山崎春奈,ITmedia]

 プロ棋士の羽生善治名人と伝説のチェスプレイヤー ガルリ・カスパロフ氏がニコファーレ(東京・六本木)でチェス対局し、羽生名人が0勝2敗で敗れた。

photo トップ棋士と伝説のチェスプレイヤーの奇跡のビッグマッチ

 プロ棋士として第一線で戦いながら、趣味のチェスでも強さを見せ、現在日本ランキングで1位を誇る羽生名人。対するガルリ・カスパロフ氏はチェスの元世界チャンピオン。1997年に米IBMのチェスソフト「ディープブルー」と“人類代表”として対戦し、歴史的敗北を喫したことが大きな話題となった。

 羽生名人は「対局が決まった時は『まさかそんなことが』と本当に驚いた。偉大なチャンピオンと対局できるのは光栄なこと。滅多にない機会なので、試合としてきちんとしたものになるように自分なりに一生懸命頑張りたい」とコメント。カスパロフ氏が「5年ぶりの試合なのでとても緊張している」と話すと「私の方が緊張していると思います」と返す場面もあった。

photo 対局スタート
photo 対局中の羽生名人
photo 考えこむカスパロフ氏。「頬に手を当てるスタイルがここで見られるとは」(解説の元チェス日本チャンピオン・塩見亮さん)

photo 投了の瞬間

 結果は第1局、第2局ともに羽生名人の敗北。どちらも終盤は解説が追いつかないほどの早指しの展開となった。

 羽生名人は第2局終局後、「途中は結構いい勝負になったと思ったのだが、終盤に力の差を見せつけられた」と悔しさをにじませつつも笑顔で話した。カスパロフ氏は対局前に羽生名人の指し手を研究していたようで、感想戦でも時折過去の対局での手について触れていた。

photo 1対1で盛り上がる感想戦
photo 対局を笑顔で振り返る羽生名人

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -