ニュース
» 2014年12月01日 13時02分 UPDATE

任天堂、ニコ動“公式2次創作”全面解禁 奨励金対象は「マリオ」「ゼルダ」など250タイトル超

任天堂がユーザーの2次創作を公式に許可する「クリエイター奨励プログラム」の対象タイトルを発表した。過去に投稿した動画もさかのぼって許諾を申請することができる。

[ITmedia]

 ドワンゴは12月1日、「ニコニコ動画」で展開する、動画クリエイターに人気度に応じた報酬を支払う「クリエイター奨励プログラム」に任天堂の一部著作物が対応したと発表した。「スーパーマリオブラザーズ」など、懐かしのゲームから最新タイトルまで250タイトル以上のプレイ動画が奨励金対象に、それ以外の作品もすべてが許諾対象となり、全面的に“公式2次創作”が可能になる。

photo ニコファーレでの発表の様子(11月17日)

 「クリエイター奨励プログラム」は、再生回数や人気度に応じて、動画の制作者および映像や素材の元になる“親作品”のクリエイターに奨励金が支払われる仕組み。任天堂が一部タイトルを“親作品”として認定・許諾することで、ユーザーはプレイ動画や音楽、キャラクターを利用した動画を著作者の権利を侵害することなく正式に投稿することができる。

 クリエイター奨励の対象タイトルは「スーパーマリオブラザーズ」「マリオカート」「ゼルダ」「どうぶつの森」「ピクミン」「Wii Sports」――など、ファミリーコンピュータからゲームボーイ、Wii Uやニンテンドー3DSまで新旧さまざまなコンソールから計250タイトル以上で、今後さらに拡大予定という。許諾申請は奨励の対象でないタイトルの関連動画でもでき、不適切なものを除いて“公式2次創作”として認定される。

 報酬を受け取るには、プレミアム会員登録か本人確認登録を行った上で所定の手続きが必要。過去に投稿した関連作品もさかのぼって許諾申請できる。投稿できるのは「ニコニコ動画」のみで、生放送や静画、ニコニ・コモンズ、ニコニ立体は対象としない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -