ニュース
» 2015年01月18日 07時43分 UPDATE

火星でもインターネットを──イーロン・マスク氏が新構想を発表

GoogleやFacebook同様に低軌道衛星によるインターネット接続サービスを開発中のSpaceXのイーロン・マスクCEOが、火星に人が住むようになれば、そこにもネット接続が必要だと語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 火星でもインターネットが必要だ──。米宇宙開発企業SpaceXのイーロン・マスクCEOは1月16日(現地時間)、シアトルの新オフィスオープニングイベントでそう語ったと、米Businessweekが報じた。

 同社が低軌道衛星による地球上のインターネット接続サービス(プロジェクト名はまだ発表されていない)に取り組んでいることは既に報じられている。低軌道衛星によるネット接続サービスについては、米Google米Facebookも取り組んでいるが、同氏はさらに宇宙でのサービス提供に目を向けているようだ。

 musk イーロン・マスク氏(中央、有人宇宙船「Dragon」内。左はNASAの宇宙飛行士、レックス・ワルハイム氏)

 マスク氏は、火星コロニー構想を持っており、「火星でもグローバルなコミュニケーションネットワークを使えるようにすることが重要だ」と語った。

 同氏はこのイベントで、低軌道衛星によるインターネット接続サービスについて、実際に提供できるようになるにはあと5年はかかり、コストは100億ドル(約1兆1760億円)に上ると語った。「だが、このサービスの収益が長期的にはSpaceXの火星コロニー建造資金になるはずだ」(マスク氏)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -