ニュース
» 2015年03月02日 13時31分 UPDATE

「白と金」「青と黒」騒ぎであのドレスが激売れ 本物の「白と金」も発売へ

「白と金」「青と黒」と人によって色の見え方が違う写真で有名になったドレスが激売れ。実際にはなかった「白と金」も発売することにしたという。

[ITmedia]

 「白と金」「青と黒」と、人によって色の見え方が違うドレスの写真が世界中のソーシャルメディアで話題になったが、騒動の効果でこのドレスの販売が大幅に増えているのだという。

photo 販売元はサイトのトップで猛アピール
photo ドレスの写真はインターネットミームとしては特大ヒットになった

 販売しているのは英国のアパレルメーカー「ROMAN」。1着50ポンドで、青と黒を含め4つのバリエーションがある。米CNNによると、ドレスの販売は2月27日の時点で347%アップと激増。同社Webサイトはここぞとばかりにトップページで大々的に青と黒のドレスをアピールしている。大反響を受け、実際に「白と金」のドレスも発売する予定なんだとか。

 発端となった写真はスコットランドの歌手、ケイトリン・マクニールさんが投稿。英BBCによると、マクニールさんの友人が結婚することになり、友人の母親が結婚式に着ていくドレスの写真を送ったところ、新婦は「青と黒」、新郎は「白と金」と見え方が違ったのだという。

 写真は世界中で騒ぎになり、セレブや大手企業も続々とソーシャルメディア上で話題に参戦。写真を取り上げた米BuzzFeedには記録的なアクセスが集まり、「blueandblackdress.com」「goldandwhitedress.com」「whatcoloristhedress.com」といったドメインが速攻で登録された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -