ニュース
» 2015年03月06日 12時21分 UPDATE

成田空港Webサイトが復旧 CMSに不正侵入受け改ざん被害、閲覧者にウイルス感染の恐れ

不正アクセスによる改ざんを受けて公開を一時停止していた成田空港Webサイトが復旧。CMSに外部から侵入されてサイトを書き換えられ、悪意あるサイトに誘導する攻撃を受けていたという。

[ITmedia]
画像 復旧した成田空港公式サイト

 成田国際空港は3月5日夕、不正アクセスによる改ざんを受けて公開を一時停止していた成田空港公式Webサイトと同社企業サイトを復旧させた。3日午前0時20分〜5日午前1時までにサイトにアクセスしたユーザーはウイルスに感染した恐れがあるとし、ウイルスチェックを行うよう呼び掛けている。

 CMS(コンテンツ管理システム)に外部から侵入されてサイトを書き換えられ、ウイルスに感染するサイトに誘導する攻撃を受けたという。空港公式サイトや企業サイトの一部ページにアクセスしようとすると、悪意のあるサイトに自動的に誘導される状況になっていた。ユーザーの個人情報流出などは現在のところ確認していないという。

 対策として、攻撃対象となったCMSを閉鎖し、ファイルの更新を手動に変更。Webサイトの全コンテンツについて不具合を修正し、問題ないことを確認した。サーバにセキュリティ対策を追加し、全ファイルのセキュリティチェックを実施。ウイルスを検知しないことを確認したという。両サイトは5日午前1時から午後5時37分まで公開を停止していたが、復旧させた。

 同社は「ご迷惑及びご心配をお掛けいたしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪。今後はさらに対策・監視を強化するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -