ニュース
» 2015年03月09日 09時16分 UPDATE

Google、“仮想現実版Android”を開発中か──Wall Street Journal報道

Googleが、VR専用Androidの開発に向けて数十人規模のエンジニアチームを立ち上げたとWall Street Journalが報じた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが、仮想現実(VR)HMD向けのAndroidを開発していると、米Wall Street Journalが3月6日(現地時間)、この件に詳しい2人の情報筋の話として報じた。

 Wall Street Journalによると、GoogleはVR版Android開発のために数十人のエンジニアチームを結成し、VR版をスマートフォン版と同様に無償で提供する計画という。

 Googleは、Android端末をダンボール製ゴーグルに組み込んで使う簡易VR HMD「Google Cardboard」プロジェクトを昨年6月に発表し、12月には専用アプリストアを立ち上げている。

 android vr

 既に一般向けに発売されているVR HMDとしては、韓国Samsung Electronicsの「Gear VR」がある。これは「GALAXY Note 4」をディスプレイとして使い、コンテンツは米Oculus VRの「Oculus Rift(プロトタイプ)」向けのものを利用できる。Oculus Riftの製品版は数カ月中に発売される可能性がある。Oculus Riftには固有のOSはなく、Windows、OS X、Linuxで開発キットを使ってコンテンツを開発する。

 先週サンフランシスコで開催されたGame Developers Conference(GDC) 2015では、Oculus Riftの他、米Valveの「SteamVR」を採用する台湾HTCの「HTC Vive」やソニーの「Project Morpheus」、Microsoftの「HoloLens」などが披露され、注目を集めた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -