ニュース
» 2015年03月18日 08時41分 UPDATE

「Windows 10」、パスワード代わりの生体認証「Windows Hello」でのログインが可能に

Microsoftの次期OS「Windows 10」では、指紋、虹彩、顔面でのログイン機能「Windows Hello」がオプトインで使えるようになる(対応ハードウェアが必要)。開発者はアプリやWebサービスをWindows Helloでのログインを対応させることが可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月17日(現地時間)、次期OS「Windows 10」の生体認証機能「Windows Hello」と、サードパーティー製アプリやWebサービスにWindows Helloの機能を追加するためのプログラミングシステム「Passport(コードネーム)」を発表した。

 Windows Helloは、PC、タブレット、スマートフォンでのWindows 10の起動の際に、パスワードの代わりに顔、虹彩、指紋での認証でログインする機能。指紋認証リーダーや、米Intelの「RealSense」のカメラモジュールなどの生体センサーを搭載する端末で利用できる。Intelのカメラモジュール搭載端末は、Acer、ASUS、Dell、富士通、HP、Lenovo、NECなどが販売あるいは販売予定だ。

 Windowsの起動で、指紋認証リーダーに指を置くかカメラに顔を写すことでログインが可能。この機能はオプトイン(初期設定では無効)になっている。

 hello 1 ログインすると「Hello, ○○(ユーザーが登録した自分の名前)」と表示される

 ユーザーの指紋・虹彩・顔のデータは端末にのみ保存され、Microsoftが収集することはない。例え端末が盗まれてもユーザー本人以外には端末をアンロックできないことになる。

 Windows対応アプリやWebアプリの開発者および企業のIT管理者は、「Passport」を採用することでサービスへのログインにWindows Helloを使えるようになる。Windows 10ユーザーはPassport採用サービスへのログインでは、生体認証あるいはPINコードを利用でき、サービスごとのパスワードを記憶する必要がなくなる。

 hello 2 支払いサービスにWindows Helloでログインした例

 Passportは「Azure Active Directory」のサービスをサポートする。また、2月に発表したように、Windows 10はパスワードに代わる新しい認証技術「FIDO」を採用するので、Windows Helloはクリティカルな企業のサービスでも利用できるとしている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -