ニュース
» 2015年03月18日 12時16分 UPDATE

NVIDIA、自動運転カーシステム「DRIVE PX」の開発者キットを5月に1万ドルでリリース

NVIDIAが、自動運転カー向けコンピュータシステム「DRIVE PX」の開発者キットを5月に1万ドルでリリースする。TFLOPS級のモバイルプロセッサ「Tegra X1」を2基搭載し、ディープラーニングで精度が上がっていくシステムという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米NVIDIAは3月17日(現地時間)、自動運転カー支援システム「DRIVE PX」の開発者キットを5月に公開すると発表した。価格は1万ドル(約12万円)。

 nvidia 1 DRIVE PXを紹介するNVIDIAのジェンスン・ファンCEO

 DRIVE PXは、TFLOPS(テラフロップス)級性能を持つ同社の新モバイルプロセッサ「Tegra X1」を2基搭載し、12台のカメラの映像入力を機械学習機能で高速処理することで、広範囲なADAS(Advanced Driver Assistance Systems)情報をリアルタイムで提供できるという。

 nvidia 2 DRIVE PXの概念図

 DRIVE PXの開発環境には同社が「DIGITS」と名付けたディープニューラルネットアークのSDKやビデオキャプチャ・プロセッシングライブラリが含まれる。DIGITはディープラーニング(深層学習)トレーニングシステムで、ビデオデータの解析結果から学習することで判断性能を自動的に上げていく。

 nvidia 3 学習が進むとパトカーも認識できるようになる

 同キットの提供対象は、自動車や自動車部品メーカー、研究機関など。NVIDIAのGPU技術などを採用する自動車メーカーパートナーとしては、Audi、ホンダ、BMW、Teslaなどがある。

 nvidia 4 NVIDIAのパートナー企業

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -