ニュース
» 2015年04月06日 18時36分 UPDATE

「液体まかれてけが人多数」虚偽通報で大学生逮捕

1〜2月にかけ都内の駅で「液体がまかれてけが人が多数出た」などと虚偽の通報が相次いだ事件で、警視庁が大学生を逮捕。

[ITmedia]

 1〜2月にかけ都内の駅で「液体がまかれてけが人が多数出た」などと虚偽の通報が相次ぎ、警視庁は4月6日、偽計業務妨害の疑いで都内の大学生の男(24)を逮捕した。

 虚偽通報で駅が一時封鎖されるなどし、Twitterでも騒然とした様子の報告が相次いでいた。

 調べでは、男は2月3日、「電車内に液体がまかれ、けが人が出ている」などと警視庁に虚偽の通報をし、東京メトロ銀座線末広町駅で駅員に警戒などを行わせ、業務を妨害した疑いがもたれている。報道によると、男は容疑を認めているという。

 JR渋谷駅などでは1〜2月にかけて同様の虚偽通報が相次いだ。警視庁は、ISILによるテロを警戒していた最中ということもあり、悪質とみて捜査していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -