ニュース
» 2015年04月07日 12時05分 UPDATE

Facebookで自分と他人を比べてばかりいると不幸に──米研究

Facebookを長時間利用し、うつの症状が見られる人は他人と自分を比べがちだという。他人の良いところばかりを見て、自分を必要以上につまらなく感じてしまうのが原因のようだ。

[ITmedia]

 Facebookを長時間利用し、うつの症状が見られる人は他人と自分を比べがちだという調査結果を米ヒューストン大学の研究者が発表した。「友人が投稿した人生のハイライトシーンと自分の現実を比べ、孤独や寂しさを感じてしまう」のだという。

photo

 Facebookの利用時間とうつ症状との関係を調べた結果から分かったという。研究者のメイリー・スティアース氏はは「Facebookがうつを引き起こす」のではなく、憂うつな感情と、Facebook上で多くの時間を過ごすこと、他人と自分を比較すること──が「手と手を携えている」のだと説明している。

 ソーシャルメディアでは、比較対象となる友人の情報がたくさん入ってくる。しかも投稿される内容は幸せそうなことばかりだ。実際の生活がどうなのかはうかがいしれないものなのだが、こうした「友人のハイライトシーン」と自分を比べると、実際以上に友人の人生は素晴らしく感じる一方、自分の人生はいまいちだと感じるようになりがちだという。

 自分と他人を比べることで自分を正確に評価しようという欲求は、心理学で「社会的比較」(Social Comparison)と呼ばれる。1950年代に提唱された当時は顔と顔をつき合わせた人同士の関係がもとになっていたが、ソーシャルメディアでは情報の量と伝わり方がリアルとは異なることも問題になる。

 「他人との比較で得られるメリットは一時的なもの。他人と比べてばかりいると不健康になりうる」とスティアース氏は話し、研究がFacebook利用によるうつリスクの軽減に役立てればとしている。

 成果は専門誌「Journal of Social and Clinical Psychology」に掲載された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -