ニュース
» 2015年04月14日 16時37分 UPDATE

LINEトラブルの元府議に「キモい」発言、「問題なし」とBPO 「議員として受忍すべき」

LINEで中学生とトラブルになった元大阪府議について、TBSラジオの番組でお笑いタレントが「キモい」と述べたことについて、BPOは「名誉毀損には当たらず、放送倫理上の問題もない」と判断。

[ITmedia]

 LINEで中学生とトラブルになった元大阪府議について、TBSラジオの番組でお笑いタレントが「キモい」と述べたことに対し、「人権侵害だ」と申し立てを受けた放送倫理・番組向上機構(BPO)は4月14日、発言について「名誉毀損には当たらず、放送倫理上の問題もない」との判断を示した。

photo BPOの決定

 申し立てを受けたのは、TBSラジオが昨年8月22日に放送した深夜番組「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」。オープニングトークで、山本景元府議(当時は現職府議)がLINEで中学生とトラブルになった経緯と、テレビ番組でコメンテーターがトラブルについて「キモい」と発言したことを紹介した。

 この中で、おぎやはぎの小木博明さんらが「思いついたことはキモイだね。完全に」などと発言したことについて、山本元府議が「全人格を否定し侮辱罪にあたる可能性が高い」などととして、BPO放送人権委員会に申し立てた。

 同委はまず、番組内での論評が「公共の利害に関わる事項について公益を図る目的でなされたものであるときは、表現の自由の行使として尊重されるべき」などとした上で、(1)今回の論評は「市民の正当な関心事にこたえるもの」であるとして公共性・公益性を認め、「放送の論評によって新たに申立人の社会的評価の低下があったとしても、それはわずかなもの」とした。

 また、「キモい」はトラブルになった中学生が使った言葉であり、「放送の題材におけるキーワードの1つ」で、山本元府議の「人格をことさら誹謗中傷するものとまではいえない」と判断。「地方議会議員として、これを受忍すべきもの」とした。

 ただ、同委は「キモい」という言葉は「使われる相手や場面によっては相手の人格を傷つけ、深いダメージを与えうるもの」だとして、「無限定に使うことを是とするものではない」と付け加えている。

 山本氏はLINEで中学生に威圧的なメッセージを送ったとして問題になり、大阪維新の会大阪府議団を離団処分とされた。4月12日投開票の大阪府議選に出馬したが、落選している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -