ニュース
» 2015年04月30日 07時07分 UPDATE

Microsoft、iOS/Androidアプリ→Windows 10移植のSDKを発表

Microsoftは年次開発者会議「Build 2015」において、iOSおよびAndroidアプリを“わずかなコード変更で”「Windows 10」の“ユニバーサルアプリ”に移植できるようにするSDKを発表した。既に英KingがiOS版「キャンディークラッシュ」をユニバーサルアプリ化した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月29日(現地時間)、年次開発者会議「Build 2015」において、AndroidおよびiOSアプリをWindows 10に移植しやすくすると発表した。

 Android/iOSアプリ用の新SDKを使うことで、アプリを「ユニバーサルアプリ」に移植し、Windows Storeで公開できるとしている。つまり、Windows搭載スマートフォンだけでなく、PCでもiOSやAndroidのアプリを使えるようになるということだ。

 JavaとC++で構築したAndroidアプリは、そのコードをほぼそのまま流用できるという。開発者は既存のコードとAndroidのAPIに置き換わるWindows APIを使って、ライブタイルやWindowsの検索に対応するWindows 10のユニバーサルアプリを簡単に作れるとしている。

 Build 2015の基調講演では、Microsoftのプログラムマネジャー、アグネシカ・ガーリング氏が、Android版のホテル検索アプリをWindows 10に移植したものでデモしてみせた。Android版と同じ機能が使えるが、ホテルの検索にはWindowsのlocation APIを使っていると説明した。Windows端末のキーボードやバックボタンにも対応し、ライブタイルとしてホーム画面に登録できる。

 android Android版ホテル検索アプリをWindowsスマートフォンで利用

 iOSアプリについては、残念ながらSwiftではなくObjective-Cをサポートする。

 OS担当のエグゼクティブ バイスプレジデント、テリー・マイヤーソン氏がWindowsで稼働するVisual StudioでObjective-Cのコードをコンパイルして見せると、会場から歓声が上がった。

 ios Visual Studio上のObjective-Cのコード

 同社は英ゲームメーカーのKingと協力し、既にiOS版の人気ゲーム「キャンディークラッシュ」のWindows 10版が完成しているという。Kingはこの他のゲームの移植も進めており、間もなく公開するとマイヤーソン氏は語った。

 ios 2

 この発表に関するデモは、Build 2015の基調講演のこちらのページにある録画の1時間52分目当たりから視聴できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -