ニュース
» 2015年05月14日 13時04分 UPDATE

Uber、Googleの敏腕ロビイストを引き抜き──re/code報道

各国で当局からの規制や競合とのトラブルが絶えない配車サービスのUberが、Googleで長年EUやFTCとの交渉で活躍してきたコミュニケーション&ポリシー担当上級副社長、レイチェル・ウェットストーン氏を引き抜いたとre/codeが報じた。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 rachel

 モバイル配車サービスの米Uberが、米Googleのコミュニケーション&ポリシー担当上級副社長、レイチェル・ウェットストーン氏(47)を引き抜いたと、米re/codeが5月13日(現地時間)に報じた。

 ウェットストーン氏はUberで、ポリシーおよび戦略担当上級副社長に就任する。現在同職にあるデビッド・プラフ氏(47)は、Uberの取締役に就任し、同社およびトラビス・カラニックCEO(38)の首席顧問になる。

 プラフ氏は、バラク・オバマ大統領の2008年の大統領選で選挙参謀を務め、オバマ氏を勝利に導いたことで名を馳せた人物。昨年8月、グローバルにサービスを拡大する中で摩擦に直面しているUberがそうしたトラブル解決のためにポリシーおよび戦略担当上級副社長として迎えた。

 英国出身のウェットストーン氏は、保守党の中央事務局や広告代理店に務めた後、2005年にGoogle入りし、現職でEUやFTCなどの各国規制当局との交渉で活躍した。EUは4月にも独禁法違反容疑でGoogleの正式調査を開始しており、ウェットストーン氏を失うのは大きな痛手になりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -