ニュース
» 2015年05月26日 07時23分 UPDATE

Chromeアプリ版「ハングアウト」がOS Xにも対応

Googleのコラボレーションツール「ハングアウト」のChromeアプリ版がアップデートし、MacのOS Xにも対応した。Windows、Linux、Chrome OS版ではユーザーインタフェースがAndroidアプリに近づいた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月22日(現地時間)、コラボレーションツール「ハングアウト」のChromeアプリ版をアップデートし、初めてOS Xもサポートしたと発表した。Windows、Linux、Chrome OS版もそれぞれアップデートした。

 ハングアウトはGoogle+のビデオチャット機能としてスタートし、2013年のGoogle I/OでGoogle+のビデオチャット機能、メッセージング機能、Gmailのチャット、Google Talkの総称になった。AndroidおよびiOSのモバイルアプリもある。

 デスクトップ向けハングアウトには現在、Chrome拡張機能版とChromeアプリ版の両方がある。Chromeアプリ版は、独立したデスクトップアプリのように、Chromeブラウザを起動していなくても利用できる。

 今回のアップデートでは、OS Xのサポートの他、ユーザーインタフェースが大きく変わり、Androidアプリ版とかなり近いものになった。

 hangout 1

 新しい機能を使うには、[≡]→「オプション」で「透明UIを無効にする」設定にしておく必要がある。

 hangout

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -