ニュース
2015年06月25日 15時06分 UPDATE

Google、テレビ会議システム「Chromebox for meetings」の“大部屋向け”発売

Googleが企業向けテレカン(テレビ会議)システム「Chromebox for meetings」の上位モデル「Chromebox for meetings Large Room」を発表した。PTZカメラと2台のマイク/スピーカーが付き、デュアルディスプレイに対応するハードウェアで20人まで参加できるシステムの価格は1999ドルだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月24日(現地時間)、企業向けテレビ会議システム「Chromebox for meetings」の上位機種を発表した。価格は1999ドル(約25万円)。

 Chromebox for meetingsは、Googleが昨年2月に発表したChrome OSベースのテレビ会議システム。オリジナルのハードウェアセットは最高8人まで(発表当時の公式ブログでは15人となっていたが、現在のページでは8人になっている)が参加できるシステムで、台湾ASUS製および米Dell製がいずれも価格は999ドル。

 chrome 1 オリジナルのChromebox for meetings

 新製品の「Chromebox for meetings Large Room」のハードウェアセットには、広い部屋向けにビデオカメラがPTZ(Pan-tilt-zoom)カメラになり、スピーカー/マイクが2つ付属する。PTZカメラは上下左右にレンズの向きを変えられ、ズームもできるカメラのことだ。解像度は下位モデルと同じ1080p。

 chrome 2 Chromebox for meetings Large Room

 さらに、PTZカメラには2台のディスプレイを接続できる(同システムにはディスプレイは含まれない)。また、会議に参加できる人数は下位モデルより12人多い20人。

 同システムで使う「ビデオハングアウト」もアップデートし、全画面での画面共有が可能になった。会議中のディスプレイにプレゼンテーション資料を全画面表示することもできる。また、管理者用の管理機能も強化され、会議に接続しているすべてのChrome端末の状況を確認できるようになった。

 本稿執筆現在、日本語のChromebox for meetingsページにはまだChromebox for meetings Large Roomは追加されていないので、日本で販売するかどうかはまだ不明だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -